« 新学期スタート | トップページ | 祈祷会再開! »

2008年10月 9日 (木)

ヨーロッパ日本語教会教師会

♪みどりもふかき、わかばのさと♪(讃美歌122番)と、つい口ずさんでしまうような美しいスコットランドの首都エジンバラで、9月22日から2泊三日で教師会がありました。

 この会は欧州の先生がたから発案され、昨年の第一回目は、ドイツ、デュッセルドルフで行われました。牧師・宣教師としての研鑽と情報交換の場として、毎年一回持って行きましょう、ということになり、次回世話役を欧州の先生方から名指し仰せつかった英国組みの中でもいち早く「私、お世話させていただきまーす」、と元気よくお声を上げられたウィリアムズ富由姫先生(エジンバラ日本語教会)に続いて、盛永先生(JCFロンドン)が、「それでは、若いユキ(富由姫)先生と小川先生に、お世話していただくことお願いします」、と言われたので、お二人のお言葉で、世話役の一人としていただいたのが、昨年でした。

 今回も教職者とその伴侶の方々にお声をかけて、20名が集まられました。それに、イングランド北部のニューカッスルで祈祷会をされているお二人のご婦人が食事のお世話に駆けつけてくださいました。

 今回は、3つのセッション(各地域での伝道の方策について、青年への伝道と育成について、現地の協力教会について)を中心に、各教会集会の報告・情報交換、それにスコットランド国教会である長老教会の現地の牧師が、歴史ある長老教会を案内してくださいました。

 あっという間の2泊三日でしたが、先生がたと一緒に食事をしたり、賛美したり、祈ったりして、また夜遅くまであちこちで深い話し合いがなされていたことも、大変有意義だったと思います。

Img_2073 会場となったフェイス・ミッション神学校

Img_2076 長老教会で見学中

Img_2080 宗教改革者ジョン・ノックスの教会

Img_2082 食事のお世話をしてくださったMさん

*

Img_2083 全員の写真を撮るつもりが…

Img_2089 Img_2090

ジョン・ノックスの家

Img_2093 Img_2095

*

*

*

Img_2097 スコットランド国会議事堂

Img_2106 ノックスの仇敵メアリー・スチュアート(あだ名は“血のメアリー”)女王の居城ホリールード城。現在はエリザベス女王の夏の宮殿。

Img_2116 緑が印象的なエジンバラ

Img_2120 岩の上に建つエジンバラ城。手前は国立美術館

Img_2138 Img_2145

Img_2147 *

*

*

Img_2157 Img_2161

*

*

*

*

|

« 新学期スタート | トップページ | 祈祷会再開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195182/24390743

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパ日本語教会教師会:

« 新学期スタート | トップページ | 祈祷会再開! »