« ゲスト説教者 | トップページ | ゲスト説教者:“横ちゃん”先生 »

2009年7月 6日 (月)

洗礼Ⅱ

昨年、クリスマス礼拝に初めて来会し、その後すぐにデヴォンシャーでの研修に赴いた青年と、その後も連絡を取り続ける中で、本人より洗礼を受けたい申し出がありました。6月に洗礼を受けた2人のご婦人と時期をほぼ同じくして、4月から洗礼準備勉強会を始めました。しかし、彼のいる小さな海辺の町は、ロンドンから300キロも離れたところで、ロンドンに出てくるだけでも大変ですが、3ヶ月の間に7回の学び会を行いました。泊りがけの学び会です。宿泊は以前のホームステイ先や、私のフラットで泊まりました。この私のフラットは、共同のキッチン・バスルーム・トイレ以外は、実質3畳ほどの私個人の寝るだけの部屋があるのみですので、簡単な寝袋で、屋内の階段の踊り場で寝てもらいました。比較的温かい時季でよかったです。

洗礼の前日、土曜にカフェで最後の勉強会をしました。それまでは、学びの時間の初めと終わりに、私がずっと祈っていましたが、この日、初めて最後に彼に祈ってもらいました。生まれて初めて人前でする祈りです。「私にではなく、目の前の見えない神様に向かって、お祈りしてください」、と言いました。彼は言葉を探るように祈られました。明日の洗礼式の前に、確かに聖霊がそのときも彼の心を促して、今まで経験したことのない、信仰者として再生した人としての祈りの言葉でした。ゆっくりとした、けれども、確かな祈りに、とても感動し、胸が一杯になりました。

Img_3121 Img_3124 その彼の洗礼式が、7月5日にありました。月の第一主日で聖餐式もありました。6月第二週に先に洗礼を受けた婦人と共に、初めての聖餐に与りました。礼拝後は、婦人がたが持ち寄ってくださったおにぎり・サンドイッチ・ケーキ・お菓子で、ささやかなお祝い会をしました。1家族と1人の女性の初来会者もありました。寄せ書きのお祝いのカードを贈りました。洗礼式も聖餐式もあったので、長い礼拝となりましたが、神の恵みにあふれた感動的な喜びの主の日でした。しかし、実は、この青年は一週間後に、10ヶ月の研修期間を無事終えて日本に完全に帰国してしまいます。海外での邦人伝道の宿命です。ゆっくり信仰を育む時間がないことが多いのです。福音の種まき、それだけでもう送り出さなければならないのは、まだよちよち歩きの子供を遠くに旅立たせるような思いがします。幸いこの青年は、小学校時代にずっと通っていた実家の近くの教会があり、そこに通うことになると思います。

私たちの日本語教会のために祈ってくださっている方々の祈りを主が聞き上げて、このような宣教の実りをご報告できることを神様に感謝すると共に、その皆様の尊い祈りに改めて心から感謝申し上げます。また、帰国される方々、日本や英国以外の世界にさらに足を延ばされ赴任(あるいは勉学)のため行かれる方々の、そのある地での信仰生活が守られますように、ご加祷くださいますようにお願いいたします。

|

« ゲスト説教者 | トップページ | ゲスト説教者:“横ちゃん”先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195182/30440428

この記事へのトラックバック一覧です: 洗礼Ⅱ:

« ゲスト説教者 | トップページ | ゲスト説教者:“横ちゃん”先生 »